ブログ|足立区六町で歯科をお探しの方はほまれ歯科医院まで

ブログ|足立区六町で歯科をお探しの方はほまれ歯科医院まで

〒121-0073
東京都足立区六町1丁目1-10

03-5851-8217

足立区六町・ほまれ歯科医院・Instagram
診療時間日祝
10:00~14:30
16:30~20:00

:土曜 午前11:00~14:30、午後15:30~17:00
休診日:日曜、祝日

ブログBlog

  • アーカイブ

  • カテゴリー

重度の虫歯でも神経を残す、Vital Pulp Therapy

2021年1月26日

こんにちは、院長の伊藤です。


今回は右上小臼歯にVital Pulp Therapy(歯髄保存療法)を行ったケースです。


 



古い詰め物が虫歯()になっています。



虫歯を削っていると神経が露出しました。



虫歯で失われた部分をコンポジットレジンで隔壁製作後、


ラバーダム下で虫歯により炎症を起こしている歯髄をマイクロスコープを用いて除去しました。



断面にMTAを貼付。



かなり深いところまで神経に炎症が及んでいましたが、レントゲンでしっかりと隔壁、MTAともに詰められていることが確認できます。



1ヶ月症状をみて、問題ないことを確認してセラミッククラウン(e.max)の形成



シリコンでの精密な型どり





なるべく周りの歯と似せるため、

被せものを入れる予定の歯を、色の見本とともに写真を撮り、模型と一緒に技工士さんに送ります。




e.max(セラミック)クラウンをレジンセメントでセット!!


歯とセラミックの境目がほとんど分からない、精度の高い被せ物が入りました。


引き続き、症状とレントゲンで経過観察を行います!!


このような神経を保存する精密治療をご希望の方はぜひご相談ください。


 
ページトップへ