ブログ|足立区六町で歯科をお探しの方はほまれ歯科医院まで

ブログ|足立区六町で歯科をお探しの方はほまれ歯科医院まで

〒121-0073
東京都足立区六町1丁目1-10

03-5851-8217

足立区六町・ほまれ歯科医院・Instagram
診療時間日祝
10:00~14:30
16:30~20:00

:火・水・木・金曜 午後15:30〜19:00
:土曜 午前11:00~14:30、午後15:30~17:00
休診日:日曜、祝日

ブログBlog

  • アーカイブ

  • カテゴリー

1日で白い詰め物へ-ダイレクトボンディング vs CEREC

2022年4月22日

こんにちは!院長の伊藤です。


 


今回は1日で歯を白く詰められる治療法(ワンデートリートメント)についてです。


 


CERECというのはCAD/CAMというシステムを利用してセラミックのブロックを削り出し、即日で白い詰め物や被せものを入れる治療法です。



セラミックを使用するため、強度が高く、プラークもつきにくいため非常に良い治療です。


 


しかし、ピッタリとした適合を得るのは非常に難しく、適合の悪いセラミックが接着剤でなんとか保持されていることもあります。


 


またセラミックの強度を得るために歯を削る量が多くなる、という欠点があります。


 


いくらセラミックといえど、ピッタリと合っていないと汚れがたまり虫歯の再発の原因になってしまいます。


そのため当院ではセレックシステムを今のところ採用しておりません。


 


 


さて、当院で行っているワンデートリートメントは何度もご紹介していますが、

ダイレクトボンディングという治療法です。


治療例



(治療時間 : 2本で1時間)



(治療時間 : 2本で1時間)


 


ダイレクトボンディングの利点として、


歯を削る量が最も少ない


→削った穴に直接詰めるので健康な歯を削ってまで形態を整える必要がなく、


またセラミックの強度を得るための余分な歯を削る必要がありません


即日修復が可能


最も虫歯リスクの少ない状態で治療

→型取りが不要なため、次回来院までの間に汚れが付着することがありません


修理が可能

→メタルやセラミックが破損した場合は原則作り直しになりますが、ダイレクトボンディングでは欠けたところを詰め直すことが可能です。


 


ただダイレクトボンディングにも

①セラミックと比較するとプラークが付着しやすい

②強度が劣る

③経年的な着色が起きる

*研磨をし直すことで改善は可能です

といった欠点があります。


 


CERECでもインストラクターの資格を持っている先生の治療は非常に適合も良く美しかったですが、

当院ではこういった理由からダイレクトボンディングをワンデートリートメントの軸にしています。


 
ページトップへ