ブログ|足立区六町で歯科をお探しの方はほまれ歯科医院まで

ブログ|足立区六町で歯科をお探しの方はほまれ歯科医院まで

〒121-0073
東京都足立区六町1丁目1-10

03-5851-8217

足立区六町・ほまれ歯科医院・Instagram
診療時間日祝
10:00~14:30
16:30~20:00

:土曜 午前11:00~14:30、午後15:30~17:00
休診日:日曜、祝日

ブログBlog

  • アーカイブ

  • カテゴリー

妊婦さんの歯科治療

2020年11月16日


こんにちは!


ほまれ歯科医院の歯科衛生士です!


今回は妊婦さんの歯科治療についてお話したいと思います!


妊娠中に治療はできるの?と、質問を多々頂きますが、妊娠中の歯科治療は可能です!


⭐︎妊娠初期(妊娠015)


   胎児の器官が形成される重要な時期であるため、応急処置の対応をさせていただく事があります。


⭐︎妊娠中期(妊娠1627)


    つわりが落ち着き、また赤ちゃんの胎盤が完成し、胎児も安定した時期となります。


この時期では、ほとんどの歯科治療が可能になります。


⭐︎妊娠後期(妊娠2839)


  胎児が急激に成長する時期であり、周辺臓器を圧迫するため、仰臥位低血圧症候群にならないよう治療時間や診療姿勢を配慮します。


このように、妊娠中の歯科治療のタイミングとしては妊娠中期の時期をおすすめします。


★放射線被曝(レントゲンについて)


  歯科用のX線写真は管球の向きは口腔内に向いており、子宮からは離れています。更に腹部には防護エプロンを着用させていただく事により、歯科のレントゲンによる胎児への影響は無視できるレベルと考えられています。


★歯科麻酔


  一般的な歯科治療に使用する局所麻酔においては、胎児に影響を及ぼさないということが報告されています。


また、妊娠中はホルモンバランスの影響により、歯茎が腫れやすく、妊娠性歯周炎と呼ばれる妊婦さん特有の歯周炎を引き起こすことがあります。


またお母さんが歯周病であると、通常の出産よりも低体重児の割合が多いという調査結果があることから、お腹の赤ちゃんの正常な発育の為にも歯周病にならないように対策を行う必要があります。


当院では、妊娠中の口腔内の悩みや、つわり時のブラッシングのコツなど、妊婦さんに寄り添った口腔ケアを歯科衛生士がご相談に乗ります!!


徹底した消毒、感染対策を万全に行なってお待ちしております。



 
ページトップへ