ブログ|足立区六町で歯科をお探しの方はほまれ歯科医院まで

ブログ|足立区六町で歯科をお探しの方はほまれ歯科医院まで

〒121-0073
東京都足立区六町1丁目1-10

03-5851-8217

足立区六町・ほまれ歯科医院・Instagram
診療時間日祝
10:00~14:30
16:30~20:00

:土曜 午前11:00~14:30、午後15:30~17:00
休診日:日曜、祝日

ブログBlog

  • アーカイブ

  • カテゴリー

精密根管治療:内部・外部吸収のケース

2021年1月6日

こんにちは、院長の伊藤です。


今回は内部・外部吸収により抜髄となった症例です。


※内部・外部吸収とは、破歯細胞が歯をむしゃむしゃと食べてしまう状態です。


治療経過


左下奥歯が痛む、を主訴に来院されました。


治療を開始したところ、根管(神経・血管が入っている根っこの内部)とは違う場所を削っている最中に出血が見られたため、CT撮影を行いました


 


大きな吸収があり、一部根っこが薄くなっています。


患者さんには今後の選択肢として、


⑴吸収が起きている根っこ半分の抜歯(ヘミセクション)ブリッジ


⑵保険の根の治療


⑶マイクロエンド


と、治療の選択肢をご説明したところ、


保険外のマイクロエンドを行うことになりました。


※ほまれ歯科医院では治療の選択肢を提示したうえで、ご一緒に治療プランを決定します!


 



吸収部位の感染象牙質をしっかりと除去し、まずは吸収部分をMTAで封鎖(黄色矢印)しました。


レントゲンでしっかりMTAが充填されたことを確認し、


痛みもすっかりなくなったので、根管充填を行いました。



根尖付近の湾曲部分にもしっかりとお薬が詰まっています!!



レジンコア仮歯(プロビジョナルレストレーション)を入れ、


3ヶ月の経過観察。


 


最初は噛んだ時の痛みがありましたが、症状も消失したので、


シリコンにて精密印象!



印象内面をマイクロスコープで確認し、しっかりと型取りできている事を確認。



咬合の強い患者さんなので、ゴールドクラウンをset


引き続き経過観察を行います。


 


マイクロスコープ、CTを用いた精密根管治療をご希望の方はご相談ください。


 


 


 
ページトップへ