ブログ|足立区六町で歯科をお探しの方はほまれ歯科医院まで

ブログ|足立区六町で歯科をお探しの方はほまれ歯科医院まで

〒121-0073
東京都足立区六町1丁目1-10

03-5851-8217

足立区六町・ほまれ歯科医院・Instagram
診療時間日祝
10:00~14:30
16:30~20:00

:土曜 午前11:00~14:30、午後15:30~17:00
休診日:日曜、祝日

ブログBlog

  • アーカイブ

  • カテゴリー

神経の治療後に黒く変色した歯の漂白-インターナルブリーチ!!

2021年7月17日

こんにちは、院長の伊藤です。


ホワイトニングについて興味のある方が多いかと思いますが、


今回は黒く変色した歯の漂白についてです。


IMG_6139.jpeg


術前の状態です。


左上の前歯(→)が一本だけ黒く変色しています。


このように一本だけ黒くなっているときは、


神経の治療を過去に行なっている、


歯を過去にぶつけた、


といったケースがほとんどです。


この歯は神経を過去に取っているために黒く変色していますが、


それ以前に神経の残りカスのようなものが治療で除去しきれていないのが大きな原因でした。


さて、この歯を白くするには


①被せものをいれる


②歯の漂白(インターナルブリーチ)をする


2択になります。


①被せものの場合


ただ黒く変色しているだけでは審美歯科の範囲になるため、保険治療は不可です。


そのため、セラミックをいれることになります。


非常に綺麗になりますが、歯を大きく削る必要があります。


②歯の漂白(インターナルブリーチ)の場合


IMG_5996.png


このように、神経の治療時に歯の裏側に開けた穴からホワイトニング剤を入れ、蓋をします。


薬剤を1〜2週間で交換すると、


大体2回くらいで白くなります。


歯を削る量が少なく、


非常に歯に優しい治療になります。


ただ、あまりに長期間色素が沈着しているようなケースでは、色の改善が見られないことがあります。


また、経年的に色の後戻りが起きます。


 


さて今回のケースでは、2回ホワイトニング剤を交換し、最後に古い詰め物も白く詰め替えました。