ブログ|足立区六町で歯科をお探しの方はほまれ歯科医院まで

ブログ|足立区六町で歯科をお探しの方はほまれ歯科医院まで

〒121-0073
東京都足立区六町1丁目1-10

03-5851-8217

足立区六町・ほまれ歯科医院・Instagram
診療時間日祝
10:00~14:30
16:30~19:30

:火曜 午後16:00~19:30
:土曜 午前9:30~13:00、午後14:00~17:00
休診日:木曜、日曜、祝日

ブログBlog

  • アーカイブ

  • カテゴリー

精密根管治療:むし歯で大きく歯がなくなっているケース

2024年2月16日

こんにちは、院長の伊藤です

当院では、歯を残せる最後の治療法として

【精密根管治療】、

歯を失ったとしても

【インプラント】

といった治療法を提案できます

今回は精密根管治療のケースレポートです

銀歯を外したところ

むし歯でぐちゃぐちゃになってますが、これでも症状は出ません

むし歯を除去し、精密根管治療の準備ができたところ(隔壁)

治療半年後のCT

赤線で囲まれた黒い部分が骨が溶けて膿が溜まっている部分ですが、かなり骨が出来てきています!

セラミックを入れたところ

 

精密根管治療を3本行った方ですが、

今回もいい感じに治ってきてくれています!!

歯周病のセミナーに参加してきました!

2024年1月8日

こんにちは、院長の伊藤です

年末年始いかがお過ごしでしたでしょうか?

私は新潟の実家で長男の書き初めをやらないとだなー、と思っていたところで強い地震がきました

嫌な新年の幕開けですね

 

さて、2024年も歯科治療をより一層勉強しよう!ということで、

歯周病のセミナーに参加してきました

同じ新潟大学出身の先生のセミナーで、

進行した歯周病に対する治療法を学んできました

座学→豚の顎を使って実習→座学→豚の顎を使って実習→…と、

ひたすら繰り返し

 

終わった後はクタクタになりましたが、

楽しい2日間でした!

 

歯周病でお悩みの方はご相談ください!!

 

こどもの検診・クリーニング

2023年12月21日

こんにちは、院長の伊藤です

もうすぐ今年も終わるので、長男の検診とクリーニングを行いました

上段:クリーニング前

下段:クリーニング後

だいぶステインが付いてしまっていましたので、

保険のお掃除と、自由診療で行っているPMTCというクリーニングを行いました!

ピカピカになりましたねー

 

右上の前歯を急遽抜歯したので、大泣きしてました

気になる銀歯を審美的にーセラミックインレー

2023年12月7日

こんにちは、院長の伊藤です

今回は金属の詰め物をセラミックに変えたケースです

治療前

金属を外したところ

形を整えたところ

セラミック装着中

口の中は湿気が多く、そのまま装着すると接着力が落ち、外れたりむし歯の再発リスクが高まります

今回はZOOという装置を使用し、口の中を徹底的に乾燥させた状態で装着します


ビフォーアフター

きれいにセラミックインレーがはいりました!

気になる前歯の斑点(ホワイトスポット)を削らずにー最新ICON治療ー

2023年11月22日

こんにちは、院長の伊藤です

今回は最近問い合わせの多い、ホワイトスポット治療です

前歯4本のホワイトスポットが気になるという患者さん

右側面

左側面

改善しづらいケースもありますし、本数が多くなると私が疲弊するので、2歯ずつで2回に分ける予定でしたが、

1回で4歯の治療を希望されました。

使用する塩酸が歯肉に触れるといけないので、 ラバーダムをつけてひたすら薬剤を塗布していきます。

 

ビフォーアフター

鏡で確認してもらい、大変喜んでいただけました!

 

 

—————-ICON治療について—————-

・薬物を塗布するだけでは歯の中のホワイトスポットに浸透しないため、歯の表層を一層だけ研削します

(研削:削る と 研磨 の中間くらいです)

・一層研削するため、歯の表層が凹んだような形態になることがあります

・長期的な報告がまだないため、将来的に着色してくる可能性があります

・ホワイトスポット部分に透明感が出ることがあります

・期待した色の変化が起きないことがあります

→こういった場合はダイレクトボンディングを行います

周りの歯を削らない、インプラント治療

2023年11月2日

こんにちは、院長の伊藤です。

寒くなってきましたね

ということで、休みの日におでんを作りました

4、5日はおでんで家族が生きていけるので、

ありがたい食べ物です。

 

さて、今日はインプラントについてです。

抜けた歯の治療として、

①入れ歯

②ブリッジ

③インプラント

があります。

 

それぞれ良し悪しありますが、

当院はインプラントをお勧めしています。

 

それは、周りの歯を一切削らないから、です。

歯科医師が自分の抜けた歯を治療する場合、

ほとんどの先生がインプラントを希望すると思います。

 

患者さんからは

『歯茎を切って骨を削るのは怖い』

と言われますが、

骨はある程度回復します。

歯は削ったら戻せません。

一度治療したらいずれ再発します。

 

入れ歯、ブリッジは長期的に見ると、

抜けた歯を支えてる歯が揺れたり、

むし歯になったり、歯が割れたりと、

ダメなってしまう可能性があります。

 

気になる方はご相談ください!

 

なるべく歯を削らない、接着性ブリッジ

2023年10月14日

こんにちは、院長の伊藤です。

すっかり涼しくなってきましたねー

休日は必ず子供と外に遊びに行くのですが、

雨だったので長男とクッキー作りをしました。

さて、今回は前歯を一本失ったときの治療法についてです。

この中で、1本被せものの歯があります。

どれかわかりますか??

正解は左上の前歯でした

この接着性ブリッジ、歯をほとんど削りません。

こんな感じで、片側の歯の裏側を一層、エナメル質の範囲で削り、

ペタッと貼り付けます。

普通のブリッジはこのように両側の歯を全周削るので、

残る歯の量には圧倒的な差があります。

これからも、なるべく自分の歯を削らない治療法を提供していきたいものです。

 

最後に。

普通のブリッジと比較して

メリット

①むし歯になりにくい

②歯を削る量が圧倒的に少ない

デメリット

①外れる可能性がある

といったことが挙げられます。

ダイレクトボンディング vs ハイブリッドセラミック

2023年9月24日

こんちには、院長の伊藤です。

今回は当院おすすめのむし歯治療、

ダイレクトボンディングについてです。

 

保険外の詰め物の治療には、

・ダイレクトボンディング

・ハイブリッドセラミック

・セラミック

と、ありますが、

 

当院のおすすめは

ダイレクトボンディング◎

セラミック◯

ハイブリッドセラミック△

です。

 

今回はハイブリッドとの比較ですが、

ダイレクトボンディングのほうがきれいですよね。

型取り不要でその場で詰められるので、適合が1番いいと思っています。

 

ダイレクトボンディングは保険のコンポジットレジンと材料はほぼ同じですが、

歯を削る量・詰める精密さ・審美性を保つための研磨、といったステップが大きく異なります。

 

中には着色のつきやすい方もいますが、

ダイレクトボンディングの4年経過例をひとつ

着色もなく、いい感じに保っています!

(1番右の歯です)

 

気になる方はご相談ください!!

精密根管治療 : 歯に大きな穴のあいた歯の治療

2023年9月11日

こんにちは、院長の伊藤です!

 

子供達の夏休みが終わり、お母さんたちはホッとしているんじゃないでしょうか!?

 

我が家では1歳と6歳の小学生がおり、朝ごはんと小学校への送り出しは私の係なので、

新学期が始まり早起き再開で毎朝眠たいです🥱

でも子どもたちも中学生くらいになれば親離れしてしまいますからね。。

それまではなるべく全力で遊びたいものです。

 

さて今回は、無症状ながら歯に大きな穴の空いた歯の精密根管治療です。

 

被せものが取れ、他院で抜歯と指摘されて来院されました。

 

 

分かりづらいですが、歯が全然残っていません。(一番左の歯)

むし歯を染め出しているところ

 

歯に穴もあいてるし、残っている量も少ないので、どれくらいこの歯が持つかは分からない。

 

抜歯→ブリッジorインプラントがいいのでは?と説明しましたが、保存を希望されました。

隔壁→ラバーダム

かなり大きな穴があいてます。

MTAで封鎖

一回法で根管充填

 

あまりこちらから状態の悪い歯をなんとか持たせよう!とは言いませんが、

意外と長くもつこともあるので、なんとか長く使えるといいですね。

保険の被せものを外してみると。。

2023年9月1日

こんにちは、院長の伊藤です!

 

今回は保険の被せものを外してみると、どーなっているか!?についてです。

 

前歯2本の保険の被せものを外してみると、

根っこに差し込んであった金属の土台と、被せものですが、

金属が腐敗したようになってます。

 

外した後の歯がこちら👇

真っ黒になってますね。

削ってみると、見た目通りかなりむし歯になっており、歯を残せるのは今回がラストかな、というギリギリの状態でした。

 

歯の治療できる回数には限度があります。

やりかえの度に歯は無くなっていきます。

 

費用の問題もありますが、長く自分の歯を維持するために、しっかりとした治療を受けることをお勧めします。

 

⚫︎保険の治療について

メリット

①保険が効くので安価に治療ができる

デメリット

①色や材質は制限されている

→前歯の被せものは3種類程度しか選択肢がないので、隣の歯と色は合わない

→被せもの材質のプラスチック、金属は汚れがつくので、むし歯になりやすい

②型取りの精度が悪い

→被せものと歯がぴったり合ってないと隙間からむし歯になります。

③時間をかけたり、こだわれない

→保険点数は患者さんが思ってるより、かなり低く設定されています。

メタルの高騰や物価の上昇などあっても、点数は変わりません。

できるだけいい治療を心がけていますが、ある程度効率重視で流れ作業になります。

 

1 2 3 4 5 6 7
 
ページトップへ