ブログ|足立区六町で歯科をお探しの方はほまれ歯科医院まで

ブログ|足立区六町で歯科をお探しの方はほまれ歯科医院まで

〒121-0073
東京都足立区六町1丁目1-10

03-5851-8217

足立区六町・ほまれ歯科医院・Instagram
診療時間日祝
10:00~14:30
16:30~20:00

:土曜 午前11:00~14:30、午後15:30~17:00
休診日:日曜、祝日

ブログBlog

  • アーカイブ

  • カテゴリー

~4月の物販おすすめ~

2021年4月1日

こんにちは!ほまれ歯科医院の歯科衛生士です。

4月になり、新学年のスタートになりますね!桜の季節ですね🌸

新入学された皆様、おめでとうございます。

コロナに負けない生活をスタートさせていきましょう!

 

今月のおすすめは「フッ素シリーズ」になります。

①チェックアップジェルグレープ 950ppmF 6歳以上 (左)

歯ブラシしたあとに、一度お口をゆすぎ、歯ブラシや綿棒にジェルをつけ、

歯全体に塗布し30分放置しましょう。そのまま寝てしまっても構いません。

 

②チェックアップジェルバナナ 500ppmF 1歳から5歳 (真ん中)

使い方は①と同じになります。

 

③チェックアップフッ化ナトリウム洗口剤0.1% 6歳以上 (右)

歯磨き後、水で2倍にうすめブクブクうがいをします。

そのあと30分放置します。1ボトルで約50回分使用できます。

朝、通学前に使用するのもおすすめです。

 

フッ素を塗布すると、虫歯になりにくい丈夫な歯になりますが、

「歯ブラシをして汚れを取る」が大前提になります。

汚れが付着している歯にフッ素を塗布しても意味はありません。

『歯磨き+フッ素塗布』で初めてフッ素の効果はあらわれます。

虫歯になりにくい丈夫な歯を目指しましょう!

将来、健康な歯を保つために必要な事

2021年3月26日

こんにちは!

ほまれ歯科医院の歯科衛生士です。

突然ですが、歯を失うと入れ歯になる!

という話を聞いた事があると思います。

入れ歯になると様々な不都合が起こります。

 

歯を失う原因は、いつくかありますが、圧倒的に歯周病による喪失が最も多いことが統計からも分かっています。

 

では防ぐには何が必要か?

それは歯の定期検診です!

定期的にメンテナンスに通ってた場合と、そうでない場合では、将来残せる歯が大きく変わってきます。

私たち歯科衛生士も、患者様との会話の中で、「若い頃から定期検診を受けていれば良かった」というお声をよく耳にします。

これから定期検診を受けようと考えてる方、既に数本歯を失ってるしという方、

残っている歯もメンテナンス次第で管理していける可能性も十分にあります!

当院では3ヶ月ごとの定期検診をお勧めしています。

一生自分の歯で食事を楽しめるように是非、歯のメンテナンスを習慣のひとつにしていきましょう⭐︎

噛むと痛い、とセカンドオピニオンで来院された患者さんのケース

2021年3月20日

こんにちは、院長の伊藤です。

○治療で1番大切なこと

それは診断です。

いくら技術があっても診断ができないと意味がありません。

当院ではマイクロスコープやCTがあるためか、他院に通院中の方がセカンドオピニオン目的で来ていただくことがあります。

大学院の保存科(虫歯や、根の治療を専門にする診療科)に在籍していたころ、開業医や他の専門診療室から難症例の依頼に加えて、痛みの原因についての診断依頼も多く行っていました。

そのため、診断には自信を持って診療を行なっています。

○歯の痛みの分類

歯の痛みには大きく分けて、

虫歯や歯周病などの【細菌】によるものと、噛み合わせなどの【力】によるものに分けられます。

今回は、力が原因で痛みが出たケースです。

○ケースレポート

①奥歯が冷たいものでしみる

②噛むと痛い、

といった症状があり、かかりつけの歯科では知覚過敏処置を行われたようです。

痛みがとれないため、原因が他にあるのではと、当院に来院いただきました。

IMG_0141.jpeg

お口の中を診察すると、確かに奥歯に歯肉退縮による知覚過敏を認めましたが、

知覚過敏で噛むと痛むことはありません。